献立紹介(今月のおすすめメニュー)

福山市の学校給食では,地産地消の取り組みをしています。
旬の食材を使った給食レシピや,人気メニューのレシピを紹介します。
ご家庭でも作ってみてくださいね。

(レシピは,献立名をクリックするとご覧いただけます。)

レシピ

ひとことメモ



4月

切干大根は,水に戻すだけでいつでもお手軽に使える乾物です。

便通をよくする食物繊維や不要な塩分を排泄するカリウムなどの栄養素も豊富です。

お弁当のおかずにもぴったりです。

 


パリパリと食感が楽しいサラダです。

調理も簡単で,たくあんの味がきいていて,野菜がおいしく食べられる一品です。


5月

初夏にとれるかつおは「初がつお」と呼ばれ,さっぱりとした味わいがあり,秋にとれるかつおは「戻りがつお」と呼ばれ,脂がのっています。

旬の魚を使った料理です。

 


レモンには免疫力を高め,からだの調子をととのえる「ビタミンC」が豊富です。

酢のかわりにレモンを使った洋風の甘酢で,香りがよく,さっぱりとおいしくいただけます。


6月

豚肉には,疲労回復に効果があるビタミンB1が豊富です。

また,たまねぎに含まれるアリシンがビタミンB1の吸収を良くします。

暑さで疲れやすいこの時期,おすすめのメニューです。

 


たこに含まれるタウリンには,肝臓の機能を助けたり,高血圧を予防する効果があります。

夕食のおかずに,さっぱりとした和え物はいかがでしょうか。

 


7月

夏が旬の魚“あじ”を使って,さっぱりとしていて食べやすい味つけです。食欲低下時にぴったりな料理です。

 


広島県の特産物「レモン」を使ったメニューです。

レモンのさわやかさが肉とあい,さっぱりとおいしくいただけます。

 


9月

子どもたちに人気のスパゲティに夏野菜のトマト,ピーマン,マッシュルーム,トマト,とうもろこしを使っています。

 


夏の太陽を浴びて育ち,冬まで保存ができるかぼちゃは,「太陽の缶詰」とも呼ばれています。

カロテンやビタミンCがたっぷりで,煮物だけでなく,スープにしてもおいしいです。

 


10月

この給食のメニューは,呉市の小学2年生が考えた,今年度の「ひろしま給食」最優秀レシピ賞です。

広島菜漬け,ちりめんじゃこなど,広島県産の食材がふんだんに使われています。

 


しょうがの辛味がアクセントとなり,子どもでもおいしく食べられるメニューです。

福山市駅家町では,「しょうが」の栽培が盛んです。10月上旬から12月下旬にかけて出荷されます。

 


福山市は1976年10月4日に,カナダのハミルトン市と親善友好都市となりました。

カナダの特産物であるメープルシロップと日本の調味料しょうゆを組み合わせたソースです。

給食初登場のメニューです。

 


過去のレシピはこちらからご参照ください。