ズッキーニの畑へ見学に行ってきました!

学校給食へズッキーニを納品されている生産者の方の畑へ伺いました(*^^)

見た目は‘きゅうり’そっくりですが,‘かぼちゃ’の仲間であるズッキーニは,油炒めやスープによく使われていますよね!生産者の方のお話では,漬物にしても美味しいとのことでした(^O^)
3月に種をまき,4月に植えつけを行い,5月中旬ころから収穫されているそうです。
不織布をすることで実の日焼けを防ぎ,皮がやわらかく,きれいな緑色のズッキーニができるそうです。
ズッキーニはめしべ,おしべが別々にできるため,自然の力で受粉し実をつけます。こちらの畑では,実のつきを良くするため,朝咲いたおしべを摘み取り,めしべに受粉させる方法で栽培されているそうです。ちなみに,花の下に実がついているものが雌花,そうでないものが雄花です。
作業は大変だということでしたが,その手間が美味しいズッキーニを作る秘密なのですね(^v^)これから夏野菜がたくさんできる季節ですね~♪楽しみです(^O^)/