広瀬小学校のふれあい給食会に行ってきました!

 

7月8日(金),日ごろから給食の食材を提供してもらっている広瀬高原野菜市の生産者の方5人をお迎えして,全校児童みんなで給食を食べました。

 

 

この日のメニューのひとつはウインナーと広瀬で採れたキャベツをパンにはさむホットドック!大きな口をあけてほおぼる子どもたち。笑顔で見つめる生産者の方々。お互いの顔を見ながら食べる給食におしゃべりもはずんで,とても賑やかなひと時でした。

 

給食の後は高学年の児童さんによる給食と地産地消についての発表会。まずは生産者の方々が作った大きくておいしそうなキャベツや玉ねぎをご紹介。一方,広瀬小学校で育てているキャベツや玉ねぎは・・・虫くいや病気にかかっていました。「このように野菜は植えれば簡単に育つのではなく,生産者の方々が愛情をこめて一生懸命作ってくれているのです。」と,とてもわかりやすい説明に低学年の児童さんたちも大きくうなずいていました。

 

最後に日ごろの感謝をこめて全校児童の皆さんから生産者の方々に感謝状の贈呈と太鼓演奏を披露しました。生産者の方からもお礼のごあいさつをいただき,素敵な給食会となりました!