マロン南瓜の畑の見学に行ってきました!

先日,ふくやまブランド農産物にも認定されている「マロン南瓜」の畑を見学させていただきました!

マロン南瓜は,ほくほくとした栗味系の南瓜で,糖度が高いのが特徴です(^u^)新市町では,約20年前に出荷組合が結成され,生産されてきました。
今年のマロン南瓜の出荷は,6月下旬から始まっており,8月上旬頃まで出荷される予定です。福山では,新市町のほか神辺町,沼隈町でも生産されています。
 市場出荷のほかにも,市内のスーパーや学校給食へも納品されています。煮物,サラダ,天ぷらなどはもちろんですが,この時期は冷たいスープでいただいてもいいですね!ぜひ,甘くてほくほくの「マロン南瓜」を味わってみてください(^^♪
見学したこちらの畑では,多いときは1日に250個の南瓜を収穫し,収穫後に10日間程度風をあてながら追熟させ,きれいな緑色を出すため磨きをかけてから,出荷するそうです!傷がないか,きれいで均一な緑色になっているかなど厳しい検査を経て,市場へ出荷されているそうです。
雨が降った後は,南瓜が水分を含んで腐りやすくなっているため24時間は収穫できないそうです。そのため,農作業の時はラジオで天気予報を常にチェックし,雨が降りそうな時は収穫を早めにするなどの工夫をされているそうです(>_<)日差しが強い日も要注意!直射日光が当たると,焼けて色が変色してしまうそうです。そのため,葉っぱや藁シートで直射日光から南瓜を守るそうです。たくさんの工夫をされて,美味しいマロン南瓜ができているんですね(●^o^●)