ふれあい給食会~西小学校~

  7月3日(月)に西小学校1年生が,給食で使うとうもろこしの皮むき体験とふれあい給食会を行いました!生産者の若井さんとJA瀬戸グリーンセンターで農業の指導員をされている松岡さんからとうもろこしの作り方や苦労していることなどを教えてもらいました!当日の朝収穫したとうもろこしは,色の白い品種でとても甘いもの(●^o^●)沢山の敵と闘いながら大切に育てたのだそうです!
  特にカラスはもうすぐ収穫という時期になると集団でやってきて,とうもろこしの粒だけをきれいに食べていくというお話に,みんな「えーっ?!」と声を上げて驚いていました(>_<)o0(しかも200個以上食べられることも)とうもろこしを守るため,若井さんの畑ではネットで覆って被害を防いでいるそうです。
  最後に「苦労して作っているのを心にとめて食べてもらいたい」という先生の言葉を,子どもたちは真剣な表情で聞いて,ゆっくり丁寧にとうもろこしの皮むきを行っていました(*^_^*)

  給食放送では全校児童に,給食のとうもろこしは1年生が皮むきをしてくれたことなどが流れ,嬉しげな表情の子も(^v^)生産者の若井さんも,皮むき体験で打ち解けた子ども達と,楽しく給食を食べ交流していました。
  皮をむいてみて「難しかったけど楽しかった」,「おもしろかった」という声や,食べてみて「甘くてシャキシャキしていた」,「嫌いだったけどいつもよりおいしかった」,「すごく甘くてびっくりした」という感想を発表してくれました☆
  若井さんは自分で作ったものを自分で食べることがないそうで,少し照れながら「おいしかった」と感想を漏らしていましたよ☆彡また,子ども達の声が生で聞けて,うれしいとも(*^_^*)これからも子ども達の笑顔を思い出して,カラスなどの敵と闘いながら,おいしい野菜を作ってほしいですね!


  また,西小学校では校庭の畑でもとうもろこしを育てていて,地元の方が朝夕お世話をしてくれているそうです。昨年皮むき体験をした現2年生が収穫体験をする予定!沢山収穫できるかな?こちらも楽しみですね♪